暑中お見舞い申し上げます。今年は夏が早いですね。
わたしが直売所通いのなかから見つけた料理の法則に、「同じ時、同じ風土で採れたものは相性がいい」ということがあります。
料理教室をやっていると、「献立を立てるのが難しい」という声をみなさんから繰り返し聴くのですが、旬の野菜しか並ばない直売所に行くことは、その悩みからわたしたちを解放してくれるように思います。

枝豆とつるむらさき。お互いを補い合うとてもいい相性なので、シンプルなチャーハンにしました。素材の持つクセがちょうどよく個性になって、どんどん食べ進んでしまう、そんなお料理です。枝豆を多めにゆでて、残しておいて作ってみてくださいね。
夏休みのお昼ごはんにぜひ。

材料(2人分)

・鶏ひき肉    100g
・つるむらさき  2/3パック(120g)
・枝豆(ゆでて、むいたもの) 50g
・ごはん     300g
・ナンプラー   大さじ1強
・塩       ふたつまみ

作り方

① 枝豆はさやから出し、つるむらさきは1センチの長さに切る。

② フライパンを熱し、油(分量外)を入れる。油があたたまったら鶏ひき肉を入れて、へらを細かく動かし、ほぐす。お肉が白っぽくなったら枝豆、つるむらさきを入れて、炒める。つるむらさきの色が鮮やかになったらごはんを加え、フライパンの鍋肌に押し付けるようにして、米粒がパラっとするように炒める。ナンプラーをまわしかけ、塩をふって、手早く混ぜる。

【POINT】

▪枝豆とつるむらさきの相性がいいので、あまり色々と具材を入れないほうが良さが伝わります。仕上げに卓上で、辣油などをすこしふってもおいしいです。
▪ナンプラーを嫌う方も多いですが、火を通すと香りはやわらぎます。量に気をつければ、素材になじみながら野菜をおいしくしてくれる調味料かと思います。

使用食材

・枝豆     生産者:国分寺市 佐藤園さん
・つるむらさき 生産者:国立市 堀江辰彦さん

[購入場所]  しゅんかしゅんか 武蔵境店
        https://www.jrccd.co.jp/nonowa/shop/musashisakai/23284/

料理家 エッセイスト

藤原 奈緒/NAO FUJIWARA

Cooking heals yourself. “料理は自分の手で自分を幸せにできるツール”という考えのもと、商品開発やディレクション、レシピ提案、教室などを手がける。
東京・小金井市で「あたらしい日常料理 ふじわら」という
家庭のための調味料のブランドを主宰。
共著に「機嫌よくいられる台所」(家の光協会)がある。
https://nichijyoryori.com/
https://www.instagram.com/nichijyoryori_fujiwara

家庭のごはんをおいしく、手軽に。
ふじわらのおいしいびん詰めは、オンラインストアと実店舗・全国の取扱店にて販売中。
https://fujiwara.shop/

BACKNUMBER

野菜がおいしい!藤原奈緒の直売所からはじめるレシピ

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ