きびしい暑さが続きますね。みなさん、お加減いかがでしょうか。
わたしは北国で生まれ育ったのですが、上京した夏に猛暑を体験して、想像を超える暑さと慣れないクーラーに、ほんとうにこたえてしまいました。いろいろと工夫をしたなかで、ゴーヤを食べると体が楽になるな、と気が付き、それからは毎日すりおろしてレモン水で割って飲んでいたほど。それから何度も夏を乗り越え、暑さにはずいぶん慣れましたが、こんな猛暑の折は今でもよく手に取ります。
今回は、わたしの好きな食べ方をご紹介しますね。ゴーヤとクミンのエキゾチックな香りが好相性。オクラを入れてもおいしいですよ。5分で作れて、ビールにぴったり。あと1品、というときにも。
ゴーヤの時期もそろそろおしまい、秋風まであと少しです。

材料(作りやすい量)

・ゴーヤ     中1本(種をのぞいて200g程度)
・クミンシード  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・塩       3つまみ

作り方

① ゴーヤは種をとって1センチの厚さに切る。

② フライパンにオイルとクミンを入れて、弱火にかける。クミンがうっすら色づき、しっかり香りがたったら火を強め、ゴーヤを一気に炒める。ゴーヤの表面が透明がかった状態になったら塩をふって、できあがり。

【POINT】

▪少し厚めに切ることで、歯ごたえは残しつつ、クニッとした独特の食感に。クミンの香りとのバランスも◎
▪クミンシードはスパイスがはじめての方にもおすすめ。残ったら、ねぎやかぼちゃなど、季節の野菜と炒めてみてください。

料理家 エッセイスト

藤原 奈緒/NAO FUJIWARA

Cooking heals yourself. “料理は自分の手で自分を幸せにできるツール”という考えのもと、商品開発やディレクション、レシピ提案、教室などを手がける。
東京・小金井市で「あたらしい日常料理 ふじわら」という
家庭のための調味料のブランドを主宰。
共著に「機嫌よくいられる台所」(家の光協会)がある。
https://nichijyoryori.com/
https://www.instagram.com/nichijyoryori_fujiwara

家庭のごはんをおいしく、手軽に。
ふじわらのおいしいびん詰めは、オンラインストアと実店舗・全国の取扱店にて販売中。
https://fujiwara.shop/

BACKNUMBER

野菜がおいしい!藤原奈緒の直売所からはじめるレシピ

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ