今が旬の、江戸東京野菜「伝統大蔵ダイコン」。
長くてずっしりと重く、とても瑞々しいため、薄くスライスして生のまま味噌をつけて食べたり、サラダにするのもおすすめなのですが、寒くなって来たこの季節は煮込みがいいですよね。
今回は具をシンプルなものにして、甘辛い味噌だれをかけて食べる、「伝統大蔵ダイコンと牛すじのおでん」を紹介します。

材料

・伝統大蔵ダイコン 1本
・昆布       17㎝長さ程度のものを2枚
・かつおぶし    10g
・塩        小さじ1.5
・薄口しょうゆ   小さじ2
・牛すじ      500g
・ネギの青い部分  1本分
・酒        100㏄

(味噌だれ)
・味噌       大さじ5
・砂糖       大さじ4
・みりん      大さじ2
・酒        大さじ2

作り方

1.大きめの鍋に昆布と水2リットルを入れ、30分ほどつけおく。
2.別鍋に牛すじを入れ、かぶるくらいの水(1リットル程度)を加えて強火にかる。
沸騰して灰汁が出てきたら、流水できれいに洗い、一口大にカットする。

3.2の鍋をさっと洗い、そこに牛すじを戻し入れ、かぶるくらいの水と酒100㏄、適当な長さにカットしたネギの青い部分を加えて強火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間~1時間半煮る。
(煮汁が少なくなるようなら、途中で湯を足す)

4.伝統大蔵ダイコンは皮をむき、1.5㎝厚さにカットし、昆布をつけておいた鍋に入れて強火にかけ、灰汁が出てきたら取り除く。
※ 伝統大蔵ダイコンは、煮崩れしにくいので面取り不要です。

5.ボウルにかつおぶし10gを入れ、大根の鍋が沸騰してきたらそこから500㏄程度の煮汁を取りボウルに加えて、5分ほどおいて出汁をとる。

6.ダイコンの鍋から昆布を取り出し、ボウルのかつお出汁を濾しながら加える。
そこへ、汁気を切った牛すじを加え、塩・小さじ1.5と薄口醤油・小さじ2を加えて40分~50分煮る。
※ 牛すじの煮汁は加えずにさっぱりと仕上げます。

7.小鍋に味噌だれの材料を全て入れて、木べらで混ぜながら5~6分煮詰める。

8.器に大根と牛すじを盛り付け、味噌だれをかけて出来上がり。


あっさりとしたおでんとみそだれの組み合わせを楽しんでください。
お好みで練りからしを添えたり七味唐辛子をかけても。
日本酒のおつまみにもぴったりな、“あったかおかず”です。

「伝統大蔵ダイコン」生産者の荻野顕治さんとJA東京中央・ファーマーズマーケット二子玉川の副店長の後藤笑美子さんに、食べ方のアドバイスをいただきました。

3x3 Lab Future キッチンコーディネーター

鬼丸 美穂/ONIMARU MIHO

料理研究家/千代田区大手町にある「3×3 Lab Future」のキッチンコーディネーター。
様々な国や地域で食べられている料理を作り・コミュニケーションを生み出すことが楽しみであり仕事。
東京産食材や生産者に興味深々。

JA東京中央 ファーマーズマーケット二子玉川

営業時間
9:00~16:30
定休日
(月曜)年末、年始、夏季休業あり
電話
03-3708-1187
所在地
東京都世田谷区鎌田3-18-8
WEBサイト
https://www.ja-tokyochuo.or.jp/store/detail/market_futagotamagawa

BACKNUMBER

3x3 Lab Future

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【連載第4回】「都市農業の可能性を求めて:THE HASUNE FARM」

トピックス

【こくベジのある暮らし】第一回「こくベジ便とこくベジプロジェクト」

トピックス

【第1回】 やり手農家たちの「堆肥づくり勉強会」@くにたち はたけんぼ

トピックス

新春特別寄稿『農の力で東京は世界に誇る「田園都市」となる』

トピックス

【連載第1回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(前編)

トピックス

【連載第2回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(後編)

トピックス

東京でいちばん空が広い田園地帯!? 多摩開墾をみんなで耕す~あらはたやさい学校!

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

ページトップへ