今が旬の東京ウドを使った料理。
後編となる今回は、ウドの茎の部分の皮をむき、白菜と合わせたサラダにしてみました。

『ウドと白菜のサラダ』 2人分 

ウドのほろ苦さに白菜の爽やかさとりんごの甘さを少し添えて。
オレンジや紫の白菜で華やかにするのも良いでしょう。バルサミコ酢を使ったハニーマスタードドレッシングでほんのり色を加えます。

材料

・ウド      15㎝(60g程度)
(皮をむいた茎の部分)
・白菜      2~3枚(90g程度)
・りんご     1/6個(40g程度)

〇ハニーマスタードドレッシング
[a]
・バルサミコ酢   小さじ2
(ワインビネガーや普通のお酢で代用可) 
・塩        小さじ1/4
・はちみつ     小さじ1
・粒マスタード   小さじ1

[b]
・オリーブオイル  大さじ1
・サラダ油     大さじ2

・空き瓶

作り方

1.ウドは5㎝長さに切って、縦半分に切って薄切り(短冊形)にします。
2 りんごは薄くスライスしたものを千切りにします。

3.千切りにしたウドとりんごは、分量外の塩で塩水を作り、一緒にさらしておきます。
4.白菜は繊維を断つ方向で千切りにします。葉の部分など幅が広い部分は半分に切って千切りにしてください。

5.空きビンにドレッシングの材料[a]を入れ、スプーンで混ぜて軽く塩を溶かし、ビンの蓋を締めて良く振り材料を混ぜる。
[b]を加えて、全体が混ざって乳化するようにさらに良く振る。
6.3で塩水にさらしたウドとりんごを水切りし、皿に盛り付け、5の瓶に入ったドレッシングをよく振りウドとりんごにかけてできあがり。

ウドは捨てるところがほとんどなく、色々な料理に加えれば食感と風味に深みを出してくれます。
お味噌汁の具にするのもおすすめですよ。

購入するときに1本は多いかと思っても、色々な料理にすると意外と食べられてしまうものです。
食卓にウドを使った料理があると、春が近づいてくるような気持ちになります。
ぜひ皆さまもお試しください。

今回の食材は、 「JA東京むさし 小平ファーマーズ・マーケット」で購入しました。
ウドは、江戸東京野菜の東京ウドを使用しました。

▽小平ファーマーズ・マーケット

3x3 Lab Future キッチンコーディネーター

鬼丸 美穂/ONIMARU MIHO

料理研究家/千代田区大手町にある「3×3 Lab Future」のキッチンコーディネーター。
様々な国や地域で食べられている料理を作り・コミュニケーションを生み出すことが楽しみであり仕事。
東京産食材や生産者に興味深々。

小平ファーマーズ・マーケット

営業時間
9:00~16:00
定休日
なし 休業日は3月・9月の最終平日、年末年始(12月31日~1月6日)
電話
042-348-7244
所在地
東京都小平市小川町2-1827
WEBサイト
https://www.jatm.or.jp/economy/kodaira.php

BACKNUMBER

3x3 Lab Future

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【連載第4回】「都市農業の可能性を求めて:THE HASUNE FARM」

トピックス

【こくベジのある暮らし】第一回「こくベジ便とこくベジプロジェクト」

トピックス

【第1回】 やり手農家たちの「堆肥づくり勉強会」@くにたち はたけんぼ

トピックス

新春特別寄稿『農の力で東京は世界に誇る「田園都市」となる』

トピックス

【連載第1回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(前編)

トピックス

【連載第2回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(後編)

トピックス

東京でいちばん空が広い田園地帯!? 多摩開墾をみんなで耕す~あらはたやさい学校!

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

ページトップへ