TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の水産物

イサキ

イサキの特徴

形は扁平で比較的細長く、体長は45cmほどです。体長20cmくらいまでの若魚には3本の暗色の縦帯があるのが特徴ですが、成長とともにこの縦帯は消失します。沖縄を除く本州中部以南から東シナ海に分布し、沿岸の浅海の岩礁域に生息しています。伊豆諸島では神津島・三宅島以北の海域に多く生息。伊豆諸島北部海域では一本釣や定置網、刺網で漁獲しています。平成26年(2014)の伊豆諸島における漁獲量は約92t。淡泊な白身で、刺身やたたき、塩焼き、煮魚、ムニエルなどで味わいます。「梅雨イサキ」の名があるように、産卵前の初夏は脂がのって特に美味です。

おもな産地伊豆諸島の神津島・三宅島以北
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ