TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の水産物

キンメダイ

キンメダイの特徴

キンメダイは赤い体と大きな口、光を当てると金色に輝く大きな目が特徴で、伊豆・小笠原諸島周辺では水深200~800mに生息する深海魚。大きなものでは体長50cm、体重4kgにもなります。東京都の漁業では、一本釣りによって漁獲され、近年は漁獲量が増加傾向にあり、平成26年(2014)の水揚げは1000tを超え、東京の全漁獲量の約3割を占める水産重要魚種です。そのため、夜間操業の禁止や釣数の制限、産卵期である夏季に禁漁期間を設けるなど、資源の維持管理に努めています。刺身や干物等をはじめ、洋風の調理にも良く合うため幅広く利用されていますが、特に煮付けは有名。

おもな産地伊豆・小笠原諸島
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ