TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の水産物

スズキ

スズキ

スズキ

スズキの特徴

セイゴ、フッコ、スズキと成長によって呼び名が変わるため出世魚といわれています。体は側扁形で比較的細長く、体長は90cmほど。口は大きく下顎が突出し、エラ蓋後部には鋭い棘を持っています。日本各地の沿岸と黄海、東シナ海に分布。東京湾でもよく見られ、春から秋にかけて、多摩川、荒川、江戸川などの下流域へと遡上します。東京内湾域の代表的な漁業対象種の一つで、刺網などによって年間約140tが漁獲されています。また、釣り針にかかると猛烈に暴れるので釣り対象魚としての人気も高く、シーバスとも呼ばれています。旬は夏で、刺身や塩焼き、ムニエルやバター焼きなど。

おもな産地東京湾、多摩川、荒川、江戸川などの下流域
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ