TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の水産物

金魚

金魚の特徴

フナの色彩変異個体を育種してつくられた観賞魚で、現在では60種類以上の品種があります。東京では明治時代より江戸川区でキンギョ養殖が行われており、江戸川区は愛知県弥富市、奈良県大和郡山市と並び、日本のキンギョ三大産地の一つとして知られています。東京では、長い尾ビレをもつ琉金、大きな目が特徴的な出目金、丈夫で飼いやすい朱文金、日本に初めて渡ってきた和金、アメリカから逆輸入されたコメットといった品種が養殖されており、その数は約4万尾。その中でも琉金の割合が多く1/3を占めています。例年7月には「江戸川区金魚まつり」が開催され、毎年たくさんの人が訪れます。

おもな産地江戸川区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ