TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の水産物

ヤマメ

ヤマメの特徴

ヤマメは日本の代表的な渓流魚で、美しい姿態と味の良さから「渓流の女王」と呼ばれ、渓流釣りの対象魚として人気があります。高度経済成長期以降の自然破壊によって極端に減少してしまい、一時は「幻の魚」と呼ばれるようになってしまいました。全国で初めて東京都水産試験場がヤマメの完全養殖に成功し、人工的に大量生産ができるようになり、今では釣り堀などでもヤマメ釣りが楽しめます。ヤマメの産卵期は秋(10・11月)で、10月から翌年の2月末まで、資源を守るために天然の河川では禁漁期となっています。調理方法は塩焼きが一般的ですが、燻製や甘露煮も美味です。

おもな産地多摩川上流の渓流域
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ