東京は、親子で楽しめる直売所がいっぱいだ!
美味しくて、楽しくて、食育にもなる。直売所は、一石二鳥にも三鳥にもなるそんな場所。
連日の暑さで夏バテ気味のリカちゃん。美味しい果物で元気になってもらおうと、パプママはリカちゃんを東京・府中市にあるコマキ農園へ連れてきました。

【パプママとリカちゃんのプロフィール】
パプママ:野菜が大好きな30代。多摩エリアのとある街に住んでいる。平日は都心で働いているので、リカちゃんと一緒に街ブラする休日が宝物。
リカちゃん:小学3年生。明るい性格で、たまにちょっと大人びたところを見せる。ほんとは家でゲームをして過ごしたい。

パプママ:ほら、着いたわよ、リカちゃん!東八道路に面していてバス停からも近く、アクセスがいいわね。
リカちゃん:うん、この暑さだから助かった〜。
パプママ:こんにちはー!
コマキ農園 小牧勇一さん(以下、小牧さん):いらっしゃい!

パプママ:わあーすごい立派なぶどうや梨!!
小牧さん:今年の梨はものすごく甘いよ~!是非食べてみて。『稲城』という品種は市場になかなか出回らないんだよ。
パプママ:本当に大きくて美味しそう!出回らないのはどうしてですか?
小牧さん:こういう直売所でどんどん売れちゃうからね。本場稲城市の農家でもすぐに売れちゃってなかなか買えないんだ。

パプママ:ここで買えるなんて本当にラッキーだわ!
小牧さん:うちは道路の開発の都合で一度引越しをして、畑を一から作り直したんだよ。土も全部入れ替えてね。11年経ってまだ成木になりきってはいないけど、ようやくここまで育ってきた。
パプママ:わぁ…それは苦労されましたね。みんなに知られたらここも売り切れちゃうでしょうから、今のうちに出会えて良かったわ。
パプママ:リカちゃん、何見てるの?
リカちゃん:ここって洋服も売ってるの?こういう名前のお店見たことあるよ。

リカちゃん:「GAPって??」

小牧さん:はっはっは!違うんだよ、GAP(Good Agricultural Practice)というのは「安全・安心」な農業の取り組みのことだよ。うちはぶどうや日本梨、キウイなど6品目で認証を取得したんだ。(※)
パプママ:安全・安心な農業ですか?

小牧さん:そう。農薬の基準を守るとか、作業時の機械の安全性とか色々ね。東京オリンピックでは、この認証をとることが食材提供の条件だったんだよ。
リカちゃん:すごーーい!

小牧さん:これはハートの形だからマイハートっていう品種のぶどうだよ。フルーツサンドにするとかわいいってパン屋さんにも喜んでもらえるんだ。
パプママ:わあ。ほんと。一粒一粒がハートになってるんですね!
リカちゃん:断面萌えだね~♡


リカちゃん:ジャムもたくさんある!!美味しそう~!
パプママ:あら、少し食欲が戻ってきたみたいね。

小牧さん:どうしても見た目が悪かったりする果実も出てしまうからね、それを使ってジャムに加工してもらっているんだ。ビタミンたっぷりだよ~!
パプママ:どれも美味しそうだわ。ジャムはどれがオススメですか?
小牧さん:梨ジャムは人気だね。ジューンベリーも、いちごやブルーベリーに似た果実でとっても美味しいよ。それからオレンジジャムは、一般的にはオレンジピールを入れたマーマレードが多いけど、これはピールを入れずに作ってるので苦味がなく、お子様も美味しいって思ってくれるんじゃないかな。どれも果肉がゴロゴロ入ってるよ。
パプママ:あれ、スモモワインにキウイのスパークリングワイン…?
小牧さん:うちの果物を醸造所に送って作ってもらったお酒もあるんだよ。
パプママ:今夜の晩酌が楽しみだわ♡
リカちゃん:ママ、あんまり飲み過ぎないでよね。
パプママ:…はい。

リカちゃん:ねぇ、あれはクリスマスリース?
小牧さん:お、そうそう。これは母がうちの果物や野菜の木の枝で作ってるんだ。自分で好みの飾りを付けられるよ。
パプママ:籠もあるのね。これに果物を入れてママ友のお家に手土産持っていったら喜んでもらえそう!
リカちゃん:今日の帰りはこの籠に入れてお家まで連れて帰って~。
パプママ:ママはワインで手がふさがってます!
リカちゃん:けち―。

重たい荷物を持ってお家に帰ったパプママとリカちゃん。早速買ってきた梨を剥きました。
リカちゃん:甘~い!ママ、これ全部私が食べていい?
パプママ:あらあら、夏バテはどこ行ったかしら。
リカちゃん:えへへ。

※GAPとは
Good Agricultural Practices:農業生産工程管理。食品安全、環境保全、労働安全など様々な角度から、より良い農業経営のため工程を管理する取り組み。
GAPの取組が正しく実施されていることを第三者機関の審査により、確認・証明してもらうことをGAP認証という。

【直売所情報まとめ】
■コマキ農園
東京都府中市武蔵台1-21-1
ぶどう・梨・キウイを中心に果樹栽培を行う。ぶどうは20種類以上。梨もぶどうも秋の味覚と思われがちだが8・9月が最も旬なため、早めがオススメ、とのこと。
最新情報はインスタグラムから。
https://www.instagram.com/komaki_nouen/

【周辺のお散歩スポット】
■府中市立 武蔵台公園
東京都府中市武蔵台2丁目2
黒鐘公園へ続く森は自然豊かでハイキング気分が味わえる。遊具の広場は木陰が多く、暑い日でも過ごしやすい。コマキ農園から徒歩5分ほど。

株式会社エマリコくにたち

峯田 晶子/AKIKO MINETA

〒186-0004
東京都国立市中一丁目1番1号
℡ 042-505-7315
http://www.emalico.com/

BACKNUMBER

親子で楽しむ 『TOKYO直売所散歩』

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ