東京は、親子で楽しめる直売所がいっぱいだ!
美味しくて、楽しくて、食育にもなる。直売所は、一石二鳥にも三鳥にもなるそんな場所。
瑞穂町の清水牧場へ、搾りたて生乳を使用したジェラートを食べにやってきたパプママとリカちゃん。
バスを降りて岩蔵街道を歩いていると、たくさんののぼりが目に留まり…?

【パプママとリカちゃんのプロフィール】
パプママ:野菜が大好きな30代。多摩エリアのとある街に住んでいる。平日は都心で働いているので、リカちゃんと一緒に街ブラする休日が宝物。
リカちゃん:小学3年生。明るい性格で、たまにちょっと大人びたところを見せる。ほんとは家でゲームをして過ごしたい。

リカちゃん:のぼりがたくさんあるね、なんだろう?

パプママ:『シクラメン』って書いてあるわ。園芸屋さんかしら?ちょっと寄ってみない?
リカちゃん:いいよ~。あれ、なんか中から焼き芋のにおいがする~!

リカちゃん:ここだ~!
長谷部園芸 長谷部冬樹さん(以下、長谷部さん):こんにちは~!
パプママ:こんにちは~!焼き芋も売ってるんですね!シクラメンはこちらですか?
長谷部さん:この焼き芋はね、隣の農家さんに頼まれて代わりに売ってるんです。シクラメンの時期に一緒に売ってよって。笑
パプママ:(あら、お隣さんと良い関係…)
長谷部さん:シクラメンはこのハウスの中。どうぞ入ってください~。

パプママ:圧巻だわ…!全部で何種類あるんですか?
長谷部さん:40種類あります。毎年新しい品種を求めていらっしゃる方も多いので、どんどん新しい品種を入れるんです。
パプママ:シクラメンにそんなにたくさんの品種があるんですね。
長谷部さん:そうなんですよ。そしてね、品種によって育て方が全然違うんです。育つスピードや、暑さへの耐性なんかもまちまちで。そのたびに1から学んで育ててます。
パプママ:そんな苦労があってのこの景色なんですね…。でもこのたくさんの中からお気に入りを探すの、ワクワクしちゃうわ。リカちゃんのお気に入りはどれ?
リカちゃん:私この色が好き~!

長谷部さん:お!お目が高いね。今年はこのラベンダーピンクが人気なんだよ。
リカちゃん:さすが私、流行の最先端♪

長谷部さん:最近は割と若い方も買いに来るんですよ。誕生日祝いとか、結婚記念日の贈り物とか。
パプママ:あら、いいですね。こんなに大きい鉢はお花屋さんではなかなか見ないですし。
長谷部さん:大きいシクラメンを作るのは瑞穂町の特徴でもあってね。お花屋さんでは運搬も大変で小さいものしか並べられないので。これは直売ならではのサイズ感ですね。
パプママ:こんなに大きくてこのお値段、破格だわ…!
(5号鉢:1,500円/6号鉢:3,000円/7号鉢:4,000円/8号鉢:6,000円 (税込)で販売)
長谷部さん:そうそう、お値段も直売ならでは!
パプママ:来月の結婚記念日にパパ、買ってきてくれないかな~♡
リカちゃん:ママの好きなのはどれ?
パプママ:私はこの情熱的な赤が好きだわ。
リカちゃん:へ~。(パパにこっそり伝えておこうっと♡)

長谷部さん:これ、見てみますか?

長谷部さん:昭和50年、今から48年前に国から援助を受けて、このあたり一帯に施設を建てて、シクラメン栽培に取り組んだんです。
パプママ:(わぁ、昭和の香り漂う資料だわ…!)
ということは、このあたりはシクラメンの農家さんが他にもいらっしゃるんですか?
長谷部さん:瑞穂町にシクラメン農家は7軒。その中でもうちを含む4軒は、この岩蔵街道沿いにあって、この街道はシクラメン街道とも呼ばれてるんですよ。
パプママ:シクラメン街道!そんな素敵な街道を歩いてきたなんて知らなかったわ。でもそんなにたくさんシクラメン農家さんがいたらライバル関係にならないのかしら。
長谷部さん:ははは、ライバルだなんて古い古い(笑)みんなで瑞穂町のシクラメンを盛り上げようって協力してますよ。のぼり旗もみんなで作ったり、役所に許可をもらって駅で一緒にミニシクラメンを配ったりね。

リカちゃん:仲良いんだねぇ。焼き芋もお隣さんのって言ってたもんね。
長谷部さん:そうそう。入り口にある野菜の無人販売も、近所の農家さんの野菜なんですよ。
リカちゃん:さっき、アクセサリーの自動販売機も見たよ!
長谷部さん:あはは、あれは息子のお嫁さんが作ってるんです。卵も売ってますよ。これは、息子の友達の栗原養鶏さんのところの。
リカちゃん:すごい、長谷部さんの周りの人たちの作品がここに集まってきてるんだね。
長谷部さん:相乗効果でお客さんが色々楽しんでくれたらいいなぁと思ってね。
パプママ:素敵ですね~。…あら、宅配便のトラックが。
長谷部さん:商品を郵送してもらうんです。大体お客様のうち2割くらいは、郵送でのご注文ですね。お歳暮とか。
リカちゃん:こうして旅立っていくんだねぇ。
パプママ:発送直前までプロに育ててもらっているから、花持ちも良いんでしょうね。大切に育ててもらえますように。

長谷部さん:シクラメン以外にも、草花のポット苗もあるのでゆっくり見ていってくださいね。
リカちゃん:葉ボタンかわいいな、育ててみたーい!

パプママ:いいわね!すぐ近くだから、清水牧場のジェラートを食べてからもう一回買いに来よっか。
リカちゃん:わーい!

直売所情報まとめ

■長谷部園芸
東京都西多摩郡瑞穂町長岡長谷部112
定休日:なし/営業時間:9時~17時
野菜も卵も焼き芋もピアスも売っちゃうシクラメン農家。PayPay支払いも可能。
シクラメンの直売は11月・12月(2023年は11月20日~12月30日だが、なくなり次第終了)
他、ストックやビオラ、パンジーなどの草花も季節ごとに扱っている。
Instagram▶ https://www.instagram.com/hasebe_gardening/

周辺のお散歩スポット

■清水牧場/WESTLAND FARM
営業時間:10:30~17:00
定休日:水曜日/年末年始
東京都で唯一の、自動搾乳ロボットで搾乳された生乳は、新鮮な状態で毎日出荷。
搾りたての生乳を使ったソフトクリーム、ジェラートの他、寒い日には温まるコーンポタージュもオススメ。
飼育されているヤギさんも、とてもかわいい。
HP▶ https://www.westlandfarm.tokyo/
Instagram▶ https://www.instagram.com/cow1946/

株式会社エマリコくにたち

峯田 晶子/AKIKO MINETA

〒186-0004
東京都国立市中一丁目1番1号
℡ 042-505-7315
http://www.emalico.com/

BACKNUMBER

親子で楽しむ 『TOKYO直売所散歩』

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ