TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

ウド

ウドの特徴

フキやワサビと並ぶ希少な日本原産の野菜。ほのかな苦みとシャキシャキした歯応えが特徴で、春を感じさせる山菜として、古くから日本で食されてきました。現在ウドとしてスーパーなどに並ぶほとんどが、栽培物の軟白ウドです。畑で根株を育て、それを穴や室の中で日光を当てず栽培する純白のウド。天然のものに比べて苦みがまろやかでやわらかいのが特徴です。ほとんどが水分で食物繊維も豊富、エネルギー代謝を高めるといわれるアスパラギン酸を多く含むヘルシーな野菜です。生のまま食べることもできますが、アクがあるので皮を厚めに剥いてから酢水に浸けておく必要があります。

おもな産地立川市、国分寺市、武蔵野市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ