TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

ワケネギ

ワケネギの特徴

青い葉の部分を食べるネギ科の野菜で、1つの株からいくつも分かれて増えていくことが名前の由来です。同じネギ科の「ワケギ」と名前が似ていますが、別の種類です。東京では昭和初期から葛飾区や足立区周辺で栽培されてきました。平成29年(2017)2月に農林水産省に登録された「東京小町」は、東京生まれの新しい品種で、夏の暑さに強く、葉が固くなり食味が落ちてしまう抽だい(ねぎぼうず)ができにくい点が特徴です。葉の部分は緑色が美しく、肉厚なのに柔らかで食べごたえのある優良品種として、今後の生産が期待されています。

おもな産地葛飾区、足立区、府中市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ