TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーの特徴

キャベツの原種から、花蕾と茎を肥大化させて作られました。日本に渡来したのは明治時代ですが、一般に食べられるようになったのは昭和50年(1975)以降です。メイン料理の付け合わせやサラダなど、脇役的に使われますが、栄養の面では主役級。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。最近では茎の甘さを楽しむスティックセニョールやアスリー、グリーンボイスといった品種も登場しました。スプラウト(新芽)も人気です。茹でて食し、茎の部分は糖度の減少が早くなっています。蕾がぎっしり詰まり、硬く引き締まったものを選び、茎に空洞がないかなども確認を。

おもな産地練馬区、三鷹市、立川市、国分寺市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ