TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

タマネギ

たまねぎ

タマネギの特徴

タマネギは、ネギ属の多年草。原産は中央アジアとされますが、栽培の歴史は古く、紀元前の古代エジプト王朝時代には、ニンニク等と共に労働者に配給されていたそうです。日本に入ってきたのは明治時代で比較的新しい野菜です。1年中店頭に並ぶのは、乾燥させた貯蔵したものが出荷されるためです。収穫後すぐに出荷されるのが「新タマネギ」で、みずみずしく辛みが少ないので生食に向いています。独特の香りと辛さの素は、硫化アリルという揮発性の成分で、疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、新陳代謝を活発にしてくれます。肉や魚の臭いを消す働きもあります。また、血液が固まるのを抑えるので、動脈硬化、高血圧などの予防効果も期待できます。

旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ