TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

落花生

らっかせい

らっかせいの特徴

ラッカセイはマメ亜科ラッカセイ属の一年草。食用にされる種子は別名ナンキンマメ、ピーナッツともいいます。南米アンデス地方原産で、コ日本ではサヤのままのものを「落花生」や「南京豆」と呼び、この中の実だけのものをピーナッツと呼ぶことが多いです。木になる果実のイメージがあるかもしれませんが、落花生は地中に出来ます。「落花生」は漢名で、花が落ちた後、子房の下の部分が伸びて地中に潜り、実が生ることに由来します。 日本では「落花生」が音読みされて、「ラッカセイ」と言うようになりました。カロリーが高く、100gあたり生でも295kcal、乾燥させたものだと562kcalも含まれています。オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれいます。この不飽和脂肪酸にはコレステロールを抑制する作用があり、肥満防止に役立つとされています。

おもな産地福生市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ