TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

アシタバ

アシタバの特徴

日本原産のセリ科の植物。今日摘んでも明日には新しい芽が出るほど成長が早いので、「アシタバ」と名付けられました。房総半島や三浦半島、伊豆諸島など、温暖な太平洋沿岸部に自生しています。セリ科植物の特徴である独特の香りと苦みがありますが、ビタミン類のほか、カロテン、カリウム、鉄分などが豊富に含まれ栄養価が高く、健康野菜として注目を集めています。青汁の原料としても有名で、お茶などにも加工されています。茎や葉を傷付けると出る黄色い液にはポリフェノールの一種カルコンが含まれており、カルコンには、血糖値の低下、血圧上昇抑制効果が認められています。

おもな産地八丈町、三宅村、神津島村、新島村、大島町
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ