TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

かぶ

かぶ

かぶの特徴

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草。日本の代表的な野菜の一つで、別名はカブラ、カブナ、カブラナ、スズナ、ホウサイ、ダイトウナ、など数多くあります。「カブ」の語源は、頭を意味する「かぶり」、根を意味する「株」、またはカブラの女房言葉である「オカブ」からとされています。根の部分だけではなく、 葉もおいしく、根は淡色野菜で、葉は緑黄色野菜です。根は生でも、みずみずしくて美味しいですし、漬けたり、焼いたり、煮たりすると、食感や甘味が変化して、様々な料理が楽しめます。葉は、アクもアクが少なく使いやすいので、浅漬けや炒めものなどにして食べます。カリウムやビタミンC、食物繊維、デンプンを分解する消化酵素のジアスターゼなどが含まれますが、生で食べると消化酵素を効率的に摂取できるので、胃もたれや胸やけの解消に良いとされます。葉の部分はβーカロテンやビタミンC、カルシウムなどが豊富で緑黄色野菜に分類されます。

旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ