TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

ごぼう

ごぼう

ごぼうの特徴

ごぼうの原種はユーラシア大陸の各地でみられ、日本に入ってきたのは縄文時代という説や平安時代など諸説あります。ヨーロッパや中国では古くから薬用として用いられてきたそうですが、食用の作物として栽培してきたのは日本だけで、台湾や朝鮮半島などで食用にされているのは日本人が伝えたもののようです。何といっても食物繊維が豊富で、便秘の解消に効果が大きい他、不溶性食物繊維の「リグニン」は腸内の発ガン性物質を吸着し、大腸ガンの予防効果があると言われています。イヌリンも多く含まれ、は血糖値を改善する働きや、ビフィズス菌の成長を促し整腸効果があるといわれています。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。ゴボウの香りやうま味は皮に含まれていますので、泥や汚れはたわしなどで擦って洗ったうえで、包丁で表面をこそげ落とす程度にするのがコツです。

旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ