TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

ホウレンソウ

ホウレンソウ

ホウレンソウ

ホウレンソウの特徴

西アジア原産の葉物野菜で、日本には江戸時代に大陸から伝わりました。繊維が少なく口当たりがよいため、おひたしをはじめ、炒め物や煮物など、ジャンルを問わずさまざまな料理に使われます。ビタミンAやCが豊富で、栄養価の高さはアメリカの漫画映画『ポパイ』で、主人公がホウレンソウを食べてパワーアップするシーンでも有名です。葉先がとがっていて甘味のある東洋種と丸みのある厚い葉が特徴の西洋種に大別されますが、現在は両者のよい点をもった交配種が多く栽培されています。旬を迎える冬場は、夏場よりも栄養価が高く、甘みが増しておいしくなります。

おもな産地練馬区、足立区、葛飾区、国立市、清瀬市、三鷹市、東久留米市、武蔵村山市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ