TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

コマツナ

コマツナの特徴

江戸時代、江戸川近くの小松川周辺で栽培されたことから、徳川吉宗がこの名を付けたといわれる東京生まれのアブラナ科の野菜。東京はもちろん、神奈川、埼玉、千葉などといった都市近郊が主な産地です。栄養価が極めて高く、カルシウムはホウレンソウの5倍、カロテンもビタミンCも豊富に含んでいます。また、味にクセがなく、お浸し、炒め物、煮物、汁の具材など、料理に幅広く利用できる緑黄色野菜の優等生です。旬は冬で、寒さに強く霜が降りると甘味を増すこともあり、東京の雑煮には欠かせない存在となっています。

おもな産地江戸川区、葛飾区、足立区、世田谷区、武蔵村山市、府中市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ