緒方湊の誌上セミナー

STUDY 07

国産キウイの旬は秋です。

TOKYO GROWNでも東京都小平市生まれの「東京ゴールド」がオススメです!

問題

キウイ、甘いのはどの部分?

答えを見る
正解は、②タネの周辺部分

<解説>

一番甘いのはタネの周辺部分です。
タネは次の世代へ命をつなげようとしている部分ですので、栄養が集まり、その周囲にエネルギーである糖分が集中しています。

おすすめのキウイの選び方!

POINT-1

ジャガイモ型のキウイ!?

形が少し悪いですが・・・
よく目にするキウイの形はきれいなタマゴ型ですが、たまに幅が広く、ちょっとつぶれた感じのジャガイモ型のキウイがあるのをご存じですか?
ちょっと形が悪いので敬遠されがちなのですが、このジャガイモのようなキウイは美味しいのです。
このジャガイモ型のキウイを割ってみると、ジャガイモ型の方が、タネが多いことが分かります。
キウイは枝に実りますが、幹に近い部分は栄養や水分が豊富なキウイとなり、タネも多くできます。
また、甘味の元であるデンプンも増えます。
実がパンパンに膨れ上がるため、キウイがジャガイモ型になるという訳です。
ジャガイモ型は甘味があふれている証拠です。

キウイあれこれ話

キウイの原産地は?

キウイフルーツの原産地はニュージーランドと思ってしまいますよね?
実は原産地は中国の揚子江近辺といわれています。
20世紀のはじめにニュージーランドに原種が渡り、品種改良が進んで世界中に広がることになりました。
よく食べている緑色の他に、果肉が黄色く甘みの強い「ゴールドキウイ」や、タネのまわりの果肉が赤くなる品種があります。

2種類の食物繊維を含むフルーツ

キウイはとても栄養価が高いフルーツです。ビタミンC、食物繊維、カリウム、葉酸、ビタミンE、アクチニジン、ポリフェノール、有機酸などなど多くの栄養があります。
特にお話ししたいのは「食物繊維」です。
食物繊維は2種類あり、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維がありますが、キウイはこの2種類の食物繊維を含んでいます。
キウイ1個で、食物繊維が多いと言われているバナナ3本分の食物繊維があります。

  • STUDY-01 長ネギの甘い場所ってどっち?
  • STUDY-02 苦くないピーマンはどっち!
  • STUDY-03 ももの甘いのはどの部分?
  • STUDY-04 甘いのはどの部分?
  • STUDY-05 収穫の秋です!今回のお題はニンジン!
  • STUDY-06 みんな大好き!ブドウをおいしくたべよう!
  • STUDY-07 国産キウイの旬は秋です。
  • STUDY-08 リンゴのおいしい季節がやってきます!
  • STUDY-09 今回は僕も大好きなナスについてです!
  • STUDY-10 今回はナシについて一緒に学びましょう!
  • STUDY-11 今回はカボチャについて学んでみましょう!
  • STUDY-12 うま味たっぷり、シイタケの秘密を解説!

TOKYO GROWN ナビゲーターの緒方湊君が本を出版しました!

ページトップへ