緒方湊の誌上セミナー

STUDY 16

知っているようで知られていない、野菜のひみつ!

難しい内容ではありません。お気軽に取り組んでください。

問題

タマネギを切ると目が痛くなり、涙が出ます。
目が痛くならない方法は?

答えを見る
正解は、②ガムを噛むです。

<解説>

ガムを噛んだり、キャンディを舐めながらタマネギを切ると、目が痛くならずに切ることができます。
涙より先に唾液を先に出してしまうのがポイントです!

問題

野菜ジュースに含まれている栄養を何かを加えるだけで
数倍アップすることが出来ます。それは何でしょう?

答えを見る
正解は、①オリーブオイルです。

<解説>

ニンジンやほうれん草に含まれている「βカロテン」、若返りのビタミンとも言われ強い抗酸化作用のある「ビタミンE」、葉野菜などに含まれている「ビタミンK」は脂溶性です。
油に溶けることで体内で吸収しやすくなるので、少しオリーブオイルを足すことで効果アップです。

問題

トマトに含まれている栄養「リコピン」には、
美肌効果、疲労回復に効果があることが知られています。
ではトマトを食べるのは、朝食と夕食、
どちらに食べるのがより効果的でしょう?

答えを見る
正解は、①朝食です。

<解説>

朝の時間帯は(胃が空っぽで)吸収率も高く、吸収される時間も短いので朝がおススメです。そしてリコピンは生よりも加熱処理した方が、吸収率が約2~3倍あがります。
また油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がさらに上がります。

問題

「冷え」は身体の不調を引き起こすことが多いです。
体温が1度上がると免疫力は何倍にもアップします。
身体を温めることで有名な「ショウガ」は、
どのようにして使用すると身体を温める効果があるでしょう?

答えを見る
正解は、②生姜焼きです。

<解説>

ショウガは加熱をすると成分が変わる特徴があります。
加熱する前、生の状態では「ジンゲオール」という成分で、解熱・殺菌作用に効果があります。
加熱するとジンゲオールは「ショウガオール」という成分に変わり、熱を作り出すはたらきがあるので、身体を芯から温めることができます。
  • STUDY-01 長ネギの甘い場所ってどっち?
  • STUDY-02 苦くないピーマンはどっち!
  • STUDY-03 ももの甘いのはどの部分?
  • STUDY-04 甘いのはどの部分?
  • STUDY-05 収穫の秋です!今回のお題はニンジン!
  • STUDY-06 みんな大好き!ブドウをおいしくたべよう!
  • STUDY-07 国産キウイの旬は秋です。
  • STUDY-08 リンゴのおいしい季節がやってきます!
  • STUDY-09 今回は僕も大好きなナスについてです!
  • STUDY-10 今回はナシについて一緒に学びましょう!
  • STUDY-11 今回はカボチャについて学んでみましょう!
  • STUDY-12 うま味たっぷり、シイタケの秘密を解説!
  • STUDY-13 「お鍋」で欠かすことのできない野菜です!
  • STUDY-14 冬が旬の大根!
  • STUDY-15 美味しいだけじゃないミカンの選び方!
  • STUDY-16 知っているようで知られていない、野菜のひみつ!
  • STUDY-17 リンゴの知られざるパワー!
  • STUDY-18 生で食べることが出来る野菜!
  • STUDY-19 冬休み直前企画 年末大掃除お助けスペシャル!
  • STUDY-20 生で食べることが出来る野菜2!
  • STUDY-21 まさに今が旬。人気急上昇のカリフラワーを食べよう!
  • STUDY-22 冬の根菜類の目利き!
  • STUDY-23 旬到来! TOKYO産のイチゴを知っていますか?
  • STUDY-24 知ってトクする!? 野菜の豆知識
  • STUDY-25 江戸時代から栽培されている野菜「小松菜」
  • STUDY-26 寒い冬が旬のブロッコリー
  • STUDY-27 栄養満点 春の味覚 なばな
  • STUDY-28 免疫力アップ・疲労回復 スタミナ野菜「ニラ」
  • STUDY-29 今が旬!主役になれる野菜 甘くて柔らかい「新玉ねぎ」
  • STUDY-30 春を告げる野菜の一つ「アスパラガス」
  • STUDY-31 新鮮なものを必要なだけすぐに収穫できる
  • STUDY-32 話のタネになる「種」の話
  • STUDY-33 タケノコの季節、到来!
  • STUDY-34 都内でタケノコ掘りが出来る!

TOKYO GROWN ナビゲーターの緒方湊君が本を出版しました!

ページトップへ